レイクアルサ利用時の本審査前の試し審査とは?

レイクアルサなどの消費者金融は、一定の安定した収入があれば、パートや主婦の方でも申し込みが出来る。

というのが特徴的だと思います。

ですが、申し込みの際には、かならず審査があります。

この審査をパスしなければ、もちろん借入する事は出来ません。

消費者金融の本審査などに落ちてしまうと、信用問題に傷がつき、次に何かのローン審査をする時、マイナスイメージがついてしまいます。

ですから、借入する前、本当に審査が通るかどうか、試しの診断をしておいた方が無難でしょう。

レイクアルサの場合、ホームページ上にお借入診断という物があります。

これが試し審査になりますので、是非利用してみてください。

また、初めての方はフリーダイヤルでオペレーターに相談する事もできます。

一般的に消費者金融のレイクアルサのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融レイクアルサの場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円まで借り入れることが可能です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融レイクアルサのキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているサイトもありますし、一覧表で見やすくしてくれているランキングサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融レイクアルサに詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較後、すぐに利用申し込みの手続きをすることもできます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融レイクアルサやクレジットカードでレイクアルサのキャッシングするという方法があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、通常は消費者金融の金利の方が高い場合が多いです。

ただ、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンというのも存在しますので、あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

近頃の消費者金融レイクアルサはCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが簡単に借金する人に返済能力があるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されカードローンやレイクアルサのキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングの良いところは簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

レイクアルサのカードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

レイクアルサのカードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

お金を融資してもらう方法としてレイクアルサのカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのレイクアルサのカードローンです。

一方、消費者金融のレイクアルサのキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件で消費者金融の方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、銀行カードローンと比べると消費者金融レイクアルサのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のレイクアルサのキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

参考:レイクアルサ即日審査申し込み

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年を経過すると時効になって請求権を失いますから心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

レイクアルサのカードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。

見事、審査に合格したら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトから申込フォームで申請するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップするというweb完結が主流です。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがレイクアルサのカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

一方、カードローンやクレジットカードなどといったローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためレイクアルサのカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からは嫌われます。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんな時、レイクアルサのカードローンなら簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初はおっかなびっくりな人でも、一度カードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のレイクアルサのカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。